11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 現在使用していないDLLを終了 | top | 速さの感動を共感したぁい!! >>
ハードディスク!
4-2

最近のハードディスクはこのように記憶領域を論理的に分割されています。
パーティション(Partition)と呼ばれています。

Dドライブとリカバリ領域が一緒になっているマシンもあります。
通常は隠されている領域もありますので カタログに記載のHDD領域よりも少ないと感じることがあるかと思います。

マシンにもよりますが、初期化(リカバリ)・OSの入れなおしを行った際にDドライブに保存しているデータは消えないので データなどはDドライブに保存するほうがいいと思います。

通常、作成したデータの保存先はCドライブになります。
マイドキュメントやピクチャの保存先です。
Cドライブは起動ディスクとも言われていて、Cドライブにデータをたくさん保存してしまうとシステムに負担をかけることになり不安定になったりします。

出来るだけ Dドライブを活用したいものです♪
とは言っても 私は基本的にパソコンの中にデータを保存するのはオススメしません。

だって機械ですよ〜
洗濯機や冷蔵庫、掃除機、ドライヤーと同じ 機械なんです。

パソコンが壊れるなんて… ありえない…

こんな相談を受けますが、パソコンだって機械なんです。

掃除機が壊れたとき、ドライヤーが壊れたとき…
あ〜寿命か〜〜 買い換えなきゃ!って思うでしょ?? あっさりと…

パソコンが壊れたときも あっさりと 買い換えなきゃ…っと思えるように
常にバックアップをとるクセをつけましょう。

一番安いのはCD-ROMに焼くこと。でもCD-ROMだと読み取り専用になってしまう。
ちょっとお値段はするけれどもCD-RWに焼くとデータの書き換えができます。

デジカメで撮った写真などはデジカメのソフトでアルバムを作るのもいいけどムービーメーカーなどでオリジナルのDVDを作るのもいいですね。

そのときお気に入りだった 曲を乗せて コメントやタイトルを付けたりして思い出を残すのもいいですね ← 教室でバックアップの取り方のときにやります。

http://syufway.com/pc/diagnosis.htm

簡単なのはUSBメモリにデータを保存すること 今はすごく安くなっているのでこれが一番手ごろかも知りません。が!! これも壊れる可能性があるので安心できるのはCDに焼くことをオススメします。

お金持ちやデーターが莫大にある人は 外付けHDDに保存です。
でもこれも機械。


これは余談なのですが 私がメチャメチャ初心者だったとき 販売店の店員さんに「パソコンってなんでもできるんですってね?」と聞いたら

返ってきた返事が「パソコンは何もできません。人間の指示に従うだけです」だった…  たしかに…

プログラムがなければ… プログラムを動かす知識を持っていなければ…

これも余談!
友人に「パソコン使える?」と聞かれ「多少…」と答えると
「パソコン使えるって言う 最低限の土俵はブラインドタッチができること!」


(||゚Д゚)ガーン Σ(O_O;)Shock!!

れ、練習しましたとも…タイピング!

友人は特打なるソフトにて練習したみたいですけど
私はお金をかけたくなかったのでイータイピング → http://www.e-typing.ne.jp/

ウェブ上で練習しました。無料なのでとってもお得です。
練習したレベルも記録されるし、苦手な指などの診断もやってくれる優れものです。

だいぶ道から外れてしまいましたが、次回はDドライブを使いこなし術です。
mie1204 | HDDのお勉強 | 14:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment









Trackback
URL: